子育て

アイクレオの液体ミルクを初体験!使用してみて思うメリット・デメリットは?

 

「赤ちゃんが産まれたら、当たり前に母乳が出る」そう思っている人も少なくないと思います。

しかし、完全母乳を望んでいても、実際には母乳のみで育てられる人は半数程度と言われています。

完全ミルクだったり、母乳とミルクの混合という方が半数程度というのが実際です。

完全母乳で育てていても、お母さんが薬を飲まなければならない、預けなくてはならないなどの理由で、時々ミルクを飲ませることもあるという人も多いのではないでしょうか。

 

これまでのミルクといえば粉ミルクでしたが、最近は液体ミルクが徐々に普及し始めています。

先日、赤ちゃん用品売り場でサンプルをいただく機会があったので、液体ミルクを試してみました。

ここではアイクレオの液体ミルクのメリット・デメリットを体験談をもとにご紹介していきます。

 

液体ミルクが気になっている方の参考になればうれしいです!

 

⇒今すぐアイクレオ 赤ちゃんミルクをチェック♪ 

 

スポンサーリンク

粉ミルクよりも外出しやすい!お母さんの心も軽やかになる液体ミルク

今まではミルクを使う場合、粉ミルクが主流でしたよね?

粉ミルクを使っていると、外出する際に

  • 哺乳瓶
  • 粉ミルク
  • 熱湯
  • 赤ちゃん用の水

と持っていかなくてはいけないものがたくさん!

これでは赤ちゃんを連れて外出するのが一苦労。

そのため、外出が面倒だと思ってしまい、家にこもりがちになってしまうお母さんもいるようです。

 

赤ちゃんと外出する時は、ミルクのものだけではなくオムツやお着替えなど、カバンの中はいっぱいになっちゃいますよね…

ただでさえ荷物が多くて億劫になりがちな赤ちゃん連れの外出。

荷物が重ければ重いほど外出時の心も重くなってきますよね。

そんなお母さんの荷物を減らしてくれるだけではなく、外出しやすくなることで心までも軽やかにしてくれる液体ミルク

そのメリット、そして知っておきたいデメリットを次に紹介していきます。

 

液体ミルクのメリット・デメリット

 

メリット

・調乳が不要で、哺乳瓶に入れてすぐに飲ませることができる。

 →粉ミルクの場合、殺菌のため、必ず熱湯を使用しなければならず、水をかけて冷ましたり、赤ちゃん用の水で温度を調整したりしなければなりませんでした。しかし、液体ミルクならこの面倒な手順は不要!哺乳瓶を空けて液体ミルクを入れるだけなので、泣いている赤ちゃんを待たせることもありません。お母さんにも赤ちゃんにもやさしいですね!

 

・外出時の荷物が減る。

 →粉ミルクを作るための熱湯を持ち歩くためには魔法瓶の水筒が必要です。また、温度を調整する水も必要になります。液体ミルク常温で飲ませることができるので、外出時のミルクの持ち物は哺乳瓶と液体ミルクだけ!荷物が軽くなると共に気持ちも軽くなりますよね。

 

・育児参加がしやすい。

 →粉ミルクを作るためにはたくさんの手順が必要なため、敬遠してしまわれることも多いかと思います。液体ミルクの場合、哺乳瓶に入れてあげるだけで簡単なので、誰でも育児に参加してもらうことができるでしょう。

 

・災害備蓄に役立つ。

 →近年大きな災害が毎年起きています。

私も大地震により停電・断水を経験したことがありますが、このようになると生活に支障をきたします。

  • 水が確保できない
  • お湯が沸かせない
  • 消毒ができない

など、災害では粉ミルクを調乳できない要因がたくさん出てくるでしょう。

 

また、そのような環境に長期間置かれてしまうことでお母さんの精神状態から母乳が出にくくなってしまう、なんてことも考えられるかもしれません。

 

そこで活躍するのがこの液体ミルク。

液体ミルクなら、直接つけられる使い捨ての乳首も発売されているので、どんな環境でもすぐに赤ちゃんに授乳ができます。

 

デメリット

・値段が高い。

→お出かけ用や災害備蓄用にはとても便利な液体ミルクですが、値段が非常に高いです(個人の感想です)。

粉ミルクに比べると、かかるコストは2~4倍くらいに跳ね上がってしまいます。

毎日使うミルクなので、値段が高いのはちょっとつらいところですね。

  

アイクレオの液体ミルクってどんなもの?

アイクレオ日本で初めて液体ミルクです。

母乳に近い栄養成分を目指し、ミネラル含有量やナトリウム量など、成分ひとつひとつと原料にこだわって作られているようなので新生児にも安心して飲ませることができそうですね。

また、海外の液体ミルクで主流となっている紙パックを使用していて、

  • 軽くて持ち歩きやすく
  • 捨てやすい

と、お母さんやお父さんの使いやすさにもこだわっています。

 

⇒アイクレオ 赤ちゃんミルクはここからチェック♪ 

  

アイクレオの液体ミルクを赤ちゃんが飲んだ時の反応は? 

わが子が6か月の頃、たまたま赤ちゃん用品専門店でいただいたアイクレオの液体ミルクを外出時に試してみました。

試した赤ちゃんの状況
  • 普段は母乳
  • 新生児の頃から哺乳瓶を使用することはあったので哺乳瓶には慣れている
  • 粉ミルクも時々飲ませていたのでミルクに対する抵抗はない

 

試したときはおなかがすいていたこともあったかもしれませんが、味にも抵抗ないようでごくごく最後まで飲みきってくれましたよ。

 

 液体ミルクってどこに売っているの?

液体ミルクは、発売当初はあまり店舗で見かけることはありませんでしたが、現在では置いている店舗も増えている印象がありますね。

液体ミルクを購入できるお店
  • ドラッグストアー
  • アカチャンホンポなどのベビー用品店
  • トイザらス、ベビザラス
  • イオンなどの大型スーパー
  • コンビニ(ローソン、ファミリーマート)
  • ネット通販(AMAZON、楽天市場など)

 

この中だったらどの店舗にもある、とも限らないので、絶対に購入したいという場合は事前に取り扱いや在庫があるか電話で確認すると確実ですよ。

 

 液体ミルクはほほえみもある!

 

日本で初めて発売された液体ミルクは今回紹介したグリコのアイクレオですが、その後に明治から「ほほえみ」という液体ミルクが発売されました。

ほほえみは、缶に入っていて、1つ当たりの量は240ml。

アイクレオが紙パックに入っていて120ml。

値段はどちらも同じくらいなので、ほほえみの方が少しコスパはいいですね。

 

うちの子はどちらも試してみて、アイクレオもほほえみも変わりなくごくごくのんでいました。

しかし、友だちの子どもは「ほほえみは飲まないけど、アイクレオは飲む」という子もいましたし、逆に「アイクレオは飲まないけど、ほほえみは飲む」という子もいました。

赤ちゃんの好みもあるようなので、どちらも試してみるといいかもしれませんね。

 

⇒今すぐアイクレオ 赤ちゃんミルクをチェック♪ 

 

 

スポンサーリンク

こちらの記事もおすすめ