子育て

【子どもがなかなか寝ない夜に】寝かしつけの絵本のおすすめ

小さいお子さんがいるご家庭では、

毎日どのように寝かしつけしていますか?

 

スムーズに寝かしつけるためには、

毎日決まった入眠儀式を行うといい

なんてよく言われますよね。

 

我が家の寝る前のお決まりは、絵本を読むこと。

 

うちの子は大抵1~2冊読むと眠くなってくるようなのですが、

時にはなかなか寝つけないこともあります。

 

子どもが寝た後は家事をするチャンスでもあり

何より唯一の自分時間。

 

母親にとってとても貴重な時間ですよね。

 

そこで今回は、

子どもがなかなか寝ないときに読みたい

寝かしつけの絵本をご紹介します。

 

寝かしつけに悩んでいるママ・パパの

参考になれば嬉しいです!

 

スポンサーリンク

おばけはコワい!?

寝かしつけ 絵本

寝かしつけに一番悩んでいた子どもが2歳の頃、

「おばけ」という言葉を覚えたころによく読んでいた絵本です。

 

「おばけ」=「コワいもの」という認識をし始めていたので、

「いつまでも起きてるとおばけが来ちゃうよ」と言いながら。

 

子どもをおどかすのはよくないとは思いますが、

テンションが上がってしまって

寝付けないときにはとても効果的です。

 

学研教育出版の「おばけだじょ」という本で、

「おばけだじょ」「食べちゃうじょ」とリズム感のある文章、

そしてオタマジャクシの形をした黒いおばけの絵が

特徴的な絵本です。

 

途中、「ぐわーぁぁ」と大きな口をあけて

こちらにむかってくるような絵もあり少々刺激的ではありますが、

その次のページでは

「おばけじゃないじょ、カエルだじょ」

「ケロケロケロケロ…」

とコミカルな絵が続きます。

 

子どもは、そのギャップが一番お気に入りの様子。

 

ちょっとコワいこの絵本を、

布団の中でママにくっつきながら読んでもらっているうちに

眠くなる…というのがわが家の流れです。

 

寝る時の読み聞かせは声のトーンがポイント!

寝かしつけ 絵本

寝かしつけの時に読む絵本を読むポイントは

声のトーンです。

 

これは賛否両論で

あまり抑揚をつけずに淡々と読むほうが良い

という説もありますが、

わが家の寝かしつけに限っては重要なポイントです!

 

「おばけだじょ」のところは低い声でゆっくり

そして「食べちゃうじょ」「つかまえちゃうじょ!」

だんだん大きな声で盛り上げていき

「ぐわーぁぁ!」一気に頂点へ

 

でも、次のページの「おばけじゃないじょ、カエルだじょ」

のところは一転させておもしろい声でコミカルに

 

このように、

  • 声のトーン
  • 読むスピード

などを変化させることで、

子どもたちは絵本にくぎづけになってくれますよ!

 

夢の中で待ち合わせ

寝かしつけ 絵本

某ハンバーガーチェーンのおまけでもらった無料の絵本です。

 

寝たくない猫の子どもが、

お母さんに「夢の中で待ち合わせしましょう

と誘われて眠りにつくというお話。

 

  • 「空の上で待ち合わせはどう?」
  • 「チョコレートの箱の中で待ち合わせはどう?」
  • 「夢の中だからどこへだって行けるのよ」

と、猫のお母さんがメルヘンチックな場所へ誘ってくれます。

 

なかなか寝てくれない時には、

今日はどこで待ち合わせしようか」と

子どもと一緒に考えてみましょう。

 

そして読み終えた後に

「じゃあまた後でねー。遅れないように来てね!」

なんて言うと

絵本を読んだ後に眠りの世界に誘導できるかもしれませんよ。

 

子どもにも自分にも絵本の読み聞かせは効果的

寝かしつけ 絵本

子どもがいつまでも布団に入らず遊んでいると

イライラしたり

「早く寝なさい!」とつい怒鳴ってしまう

というママもいるのではないでしょうか。

 

実はわたしもそのひとりです。

 

ところが

寝かしつけに読む絵本の登場人物になりきって

読み聞かせをしているうちに、

いつのまにかイライラが治まっていることもよくあります。

 

絵本は子どもだけでなく、

自分自身の気持ちを落ち着かせる効果もあるようですね。

 

ぜひ

子どもは心地よく眠りにつき

親はイライラせずに寝かしつけられる

そんなお気に入りの寝かしつけ絵本

親子で探してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

こちらの記事もおすすめ